地図と鉄道

雪見も花見もいつの間にやら往き過ぎて葉桜の季節ですね。
久しぶりに単行本2冊つくりました。
「鉄道パノラマ地図」石黒三郎+アイランズ編(河出書房新社)
「古地図でたどる 鉄道の知恵 線路の不思議」井口悦男(草思社)

どちらも鉄道と地図かかわりの本です。
「鉄道パノラマ地図」は見ているだけで楽しいですよ。
大正・昭和前期の観光ブーム華やかなりし頃、
各鉄道会社が競って作った「沿線案内図」がありました。
本書では東京・横浜、名古屋、京都・大阪・神戸を中心とした沿線案内図を
ふんだんに掲載しました。今ではなくなった水族館や遊園地が各沿線に描かれ
へえーと驚かれること請け合いです。15日、店頭で発売の予定。
「古地図でたどる 鉄道の知恵 線路の不思議」は、古地図研究では屈指の井口さんの著書。
編集のお手伝いをさせていただきました。古い時刻表や写真も盛りだくさん。
こちらは来週、20日頃発売になります。
[PR]
by gallerylapan | 2010-04-14 15:54 | 店長にっき


<< 62回目 今日のアイランズ4月14日 >>