<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バスで青山へ

きのう 午後写真展へ
荒木経惟「センチメンタルな旅 春の旅」。南青山ラットホール。
死を前にしたチロの日々。けなげさと静けさ。昇天の透明感。
けさ 4時半起床
狐の嫁入り これで梅雨明けかな。
[PR]
by gallerylapan | 2010-07-16 07:33 | 店長にっき

62回目

朝、ヒキガエル(家人Sの故郷熊本ではワックンさんと呼ぶ)が成仏していた。
昨夜、車にはねられたのだろう。その姿、前脚そろえ胸を張り、まさに弁慶の立往生。
スコップではこび、眼前の公園の隅に埋めた。南無。

昼、色川武大の言葉に出会う。
「近年、私は、人間は少なくとも、三代か四代、そのくらいの長い時間をかけて造り上げるものだ、という気がしてならない(中略)人間には、貯蓄型の人生を送る人と、消費型の人生を送る人とあって、自分の努力が報いられない一生を送っても、それが運の貯蓄となるようだ。多くの人は運を貯蓄していって、どこかで消費型の男が現れて花を咲かせる。わりに合わないけれども、我々は三代か五代後の子孫のために、こつこつ運を貯めこむことになるのか。」
『いずれ我が身も』(中公文庫)

夜、いつもは座れない電車なのに、きょうはゆっくり座ることができた。
帰宅すると、大好きな鰺の塩焼きやナスの煮びたしが待っていた。
いい誕生日だった。
[PR]
by gallerylapan | 2010-07-13 23:41 | 店長にっき